HOME

元オウム真理教指名手配犯、警察をたらい回しに

2011年の大晦日、元オウム真理教信者で指名手配中の平田信容疑者が自ら警察に出頭し逮捕された。

当初平田容疑者は警視庁大崎署へ出頭しようとしたが、大崎署の出入り口(エレベーターになっているらしい)がわからず、警視庁本部へ向かった。警視庁本部前にいた機動隊員は、平田容疑者の顔が手配写真とは異なっていることから悪戯であると判断し、丸の内署へ行くように指示した。結局平田容疑者は丸の内署で逮捕されることとなった。またこの間平田容疑者はオウム事件専用のフリーダイヤルへ何度も電話したらしいが、繋がらなかったというおまけ付きである。

とんだ警察のたらい回しだ。平田容疑者の気が途中で変わっていたらそれっきりになるところだったが、幸いなことに本人はなんとしても出頭したかったようだ。

まあ17年あまり前の事件で人相も手配写真とは随分変わっていたようなので、悪戯と思った機動隊員を責めるのも気の毒だとは思うが、悪戯でもきちんと調べるのが警察の仕事だろう。今後のための反省材料としていただきたい。

また逮捕された平田容疑者についてはこの時期に出頭したことについて、元教団幹部の死刑執行を引き伸ばすためではないかとも言われているが、ぜひこの機会に包み隠さず真実を語ってもらいたいと思う。

2011年最後に起きた17年前の亡霊の逮捕劇は、震災やそれに続く混乱で、この国の統治機構が信頼を失った年を象徴するようだが、2012年は良いニュース、明るいニュースで締めくくれるようにしたいものだ。

What's New(新着情報)

HOME